• お問い合わせ
  • お見積り
お電話でのお問い合わせは018-889-8377 受付時間:9:00~18:00(平日・土)

業務案内

「壊す」というより「そっと外す」という感じ。

解体・撤去工事いたします!



思い出が詰まった「家」。
どんな家でも丁寧に。
「壊す」のではなく、
「そっと外す」

工事中の1番記憶に残っている出来事。
無口で怖そうなじいちゃんが、ボーッと解体工事を眺めながら、涙をながしている姿をみたことです。
その時はなんでじいちゃん泣いているんだろう?くらいにしか思いませんでしたが、今ではその涙の訳がわかるような気がします。

お客さまにとって家を解体するということは一生に一度あるかないか。
「思い出が詰まっていない家なんてない」

だからこそどんな家でも丁寧に。
「壊す」のではなく「そっと外す」
イメージで解体をします。

解体・撤去工事いたします!
秋田市を中心に秋田県全域
●鹿角市 ●小坂町 ●大館市 ●北秋田市
●上小阿仁村 ●能代市 ●三種町 ●八峰町 ●藤里町 
●秋田市 ●男鹿市 ●五城目町 ●八郎潟町 ●潟上市 
●井川町 ●大潟村 ●由利本荘市 ●にかほ市 ●大仙市
●美郷町 ●仙北市 ●横手市 ●湯沢市 ●羽後町
●東成瀬村
Q&A
工事に関するご質問にお応えいたします。
ご依頼の参考にご確認ください。
よくある質問はこちら


安全に丁寧に
解体することで
「徹底した分別」
分ければ「資源」

会社としては早く現場を終わらせることが、利益に繋がります。
しかし少し遅くなっても、安全に丁寧に解体する事が「分別解体」につながり、限りある資源を大切にすることに繋がります。なによりお客さまが「我社」にお願いして良かったと思ってくれることが、達成感にも繋がります。
解体工事というのは家や道路をつくる工事とは違い、段々と出来上がってくる喜びはありません。騒音・振動・粉塵などで周りに迷惑をかけるばかり。
こんなことがありました。
解体している時に近隣にお住まいの方が通りかかったときに
「解体ってこんなにキレイにやるの?」「こんな丁寧な解体屋みたことがない」など言われたときに、これこそ「やりがい」と感じたのです。

分ければ「資源」。限りある資源を大切にし、「ゴミ」という言葉をこの世からなくす。すべては未来の地球号と子どもたちのために。




徹底した分別をします

未来の子どもたちのために、
持続可能な循環型社会を目指して…
「ゴミ」という言葉をなくす!

解体において廃材等の処理は下記のように
分別してリサイクルするか、後は単純焼却か埋め立て処分となります。
当社では、出来る限り埋め立て、焼却処分のゴミを無くすよう取り組んでおります。
分けることは大変ですが、分けることで限られた資源を守り、
未来の子どもたちのための持続可能な循環型社会を目指しています!
図:分ければ資源


分別解体品目の詳細
建物リサイクル法について >
国土交通省のリサイクルサイトへジャンプします。
私たちの目指す10年後ビジョン

私たちの目指す10年後ビジョン

解体の流れ



ステップ
お問い合わせ・お見積り

お電話・FAX・お問い合わせフォーム等でお問い合わせください。
お見積りも無料にて実施しておりますので、お気軽にお問い合わせください。



解体物件の現地調査(状態・構造・作業環境・近隣環境等)に基づき、
正式なお見積書を提出させていただきます。(郵送または持参)
内容をご確認後、納得していただければご契約となります。

面倒な書類届出はおまかせ下さい!
ステップ
解体工事届出書類の提出
床面積が80㎡を超える建物については、建設リサイクル法に基づき都道府県知事または市町村長へ解体の7日前に書面での届出が義務付けられております。

弊社にて責任を持って代行いたしますので、遠方にお住まいの方もご安心ください。




ステップ
工事前の準備

近隣へ工事前のご挨拶 弊社では、特に近隣にご迷惑をお掛けしないよう工事をさせていただきます。
弊社でも工程等を持参のうえ、ご挨拶をさせていただきますが、お客様ご自身も事前のご挨拶をされた方が宜しいかと思います。
家庭ゴミ、家電製品、
家財等不要品の処分
解体建物に付随するもの(台所、畳、建具、洗面台、下駄箱等)等以外の建物内外に残っている衣類、寝具、ベッド、ソファー、紙くず、瓶、缶類、生ゴミ、タイヤ、鍋釜等々のいわゆる一般家庭系ゴミの処理はご自分で処理されるか、専門業者への依頼処分となります。
また、家電リサイクル品(テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン)につきましてはも同様の扱いとなります。当社では、安心な業者の紹介もできますので、詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
ライフラインの撤去依頼 ガス・電気・電話・ケーブルTV等の配線、配管撤去、汲み取り等、各工事をそれぞれの業者へ解体着工日まで終了していただきますよう、お願い致します。なお、その際は電話にて「解体しますので」ということを申し添えください。
ステップ
工事開始

足場・シート養生の設置
 
騒音や埃を防ぎ、近隣の方のご迷惑を最小限にするように足場・シート養生を最低限設置させていただきます。(正式お見積書に計上させていただきます)
建物本体の分別解体
~発生廃棄物の撤去
●内外装材(サッシ・石膏ボード・断熱材・建具・外壁等)をできる限り人力作業により分別撤去。
●上屋を機械と作業員により解体。
●基礎解体、地中埋設管等を機械と作業員により撤去。
●その他(庭木・池・塀・外構等)を機械と作業員により撤去。
※発生廃棄物はマニフェスト伝票(産業廃棄物処理票)により適正処理。

騒音や埃を抑える 徹底した分別解体気配り心配りを大切にしています



ステップ
工事完了

重機にて整地・転圧して工事は完了です。
可能であれば現地にて現場完了確認をしていただきます。
建物滅失登記について
弊社発行の建物滅失登記証明書を添付し、滅失登記申請を行うことにより、固定資産税がストップします。
詳しくは、弊社担当者にお問い合わせ下さい。



よくある質問



質問 解体する場合、どのようなことに注意して業者を選んだら良いでしょうか?
見積もり内容(金額等)も大事だと思いますが、直接話してみて色々質問されるのが一番良いのではないでしょうか?丁寧に教えてくれない業者は要注意です。中には無許可業者やとにかく安さだけを売りにしている解体業者が存在します。
工事期間中、近隣とトラブルになったり廃材を地中に埋めたり、特に廃棄物を不法投棄された場合や建設リサイクル法に定められた義務を怠った場合は、発注者(施主様)も法律で罰せられますので、十分注意して選んで下さい。
質問 建て替え予定ですが、解体と建築は分けて考えた方が宜しいでしょうか?
「餅は餅屋へ」という言葉があるように、基本的には別々に考えられた方がベターだと思います。当然、自主施工の解体業者ということが前提になります。弊社では、一切外注しておりませんが、自社で解体できず下請けに流すところや住宅メーカー(工務店)等に一括してお願いすると管理費、営業経費、マージンが加わりますので割高になります。
しかし、楽だし安心だと思われる方は一括発注していただければ良いと思います。注意したいのは、餅屋の顔をした・・・?十分に気を付けて下さい。
ご不明な点があれば、何なりと弊社にお聞き下さい。
質問 建物以外の庭木、庭石、池等も処分してもらえますか?内部だけの解体もできますか?
もちろん、全て承っております。
お気軽にご相談ください。
質問 解体だけでなく土地の売却、有効利用等の相談はできますか?
弊社も解体に関しては誠実に対応させていただいておりますが、お客様の立場になって考えてくれるいろんなジャンルの素晴らしい仲間がおりますので、何なりとご相談下さい。
質問 火災にあった時の解体工事はどうなるのでしょうか?
調査等が終われば解体できます。詳しくは弊社にお聞き下さい。
質問 現在の住まいが県外(遠く)でも解体のお願いはできますか?
もちろんできますが、一回は現地で立ち会いされた方がいいと思います。弊社では、解体中の現場写真をメールでお送りさせて頂くサービスも行っております。
また、全行程を写真管理し、アルバム作成することも可能です。
質問 契約も終わり、解体工事が着工する前に何をしておけば良いでしょうか?
・弊社でも工程等をお持ちし、近隣にご挨拶させていただきますが、施主さん自身もご挨拶されたほうが宜しいかと思います。
・建物内外に不要品(家財、家電、生活ゴミ等)があればご自身で処理するか、業者に依頼して処理して頂いて下さい。目安として4tトラック1台2~3万円かかっているようです。弊社で安心な業者の紹介もできます。
・仏壇がある場合は、お坊さんに来て頂き、魂抜きをしてもらってください。後は、生活ゴミとしても処理できますし、お寺さんによっては処理していただけるところもあるようです。
・神棚は神主さんにお祓いしていただき、お引き取りしていただいている方が多いようです。井戸も神主さんにお祓いしていただく方もいらっしゃいます。
質問 家屋を解体する際の神事は行うべきですか?
件数としては多くありませんが、代々長く住んでいた方、思い入れの深い方の中には、お祓いをされる方もいらっしゃいます。
質問 解体工事中のトラブルとかありませんか?
シート養生等をはぶく、工期を短くするため内部のボードのみ撤去した後、重機で一気に壊すことにより埃、騒音、振動等でトラブルが発生しているという業者も見受けられます。やはり、ただ安く引き受けている業者、下請けに丸投げしている業者のようです。近隣の方にご迷惑をかけないためにも、業者選びは慎重に!
質問 解体後、柵で囲いたい、または駐車場にしたいのですができますか?
もちろん自社で全て直施工できますので、お気軽にお見積依頼下さい。
質問 見積もり以外の追加費用請求の可能性はありますか?
弊社の場合、基本的にはありませんが、まれに基礎等撤去後、地中から以前に埋め立てされた廃材等が出てくることがあります。その場合は、実費請求させていただくこともあります。当然、ご連絡申し上げご確認していただくか、写真を撮らせていただきます。
質問 解体工事後の注意点はありますか?
・当社発行の建物滅失証明書を添付し、建物滅失登記をしてください。固定資産税がストップします。弊社で代行もいたします。
・廃材等の処理がどうなったか心配な方は、マニフェスト伝票(廃棄物の処理伝票)の写しを請求してください。処理した日にち、処理場の名前、処理した廃材の名前等詳しく記入されている伝票が義務付けられていますので、必ずあるはずです。目安として35坪くらいの住宅ですと10枚前後は必要です。なければ、大変なことになります。